おかやまDMネット(岡山県糖尿病対策専門会議)

糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)・
CDEJチーム岡山

糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)CDEJチーム岡山

岡山県では、県内の糖尿病看護認定看護師(CN)と糖尿病療養指導士(CDEJ)がそれぞれが有志でチームを作り、研修会等の企画、補佐および各種情報共有を行っています。

平成26年度にスタートした「おかやま糖尿病サポーター認定研修会」においても、多くのCN、CDEJが講師やファシリテーターとして活躍しています。

双方の事務局は、平成26年度より岡山大学病院 糖尿病センターに移転しました。ご不明な点がありましたらどうぞお気軽にお問合せください。

糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)

2大橋さんHP用写真 糖尿病看護認定看護師チーム岡山代表 (岡山大学病院 副看護師長)
             大橋 睦子

糖尿病の医療連携を円滑に行うためには、連携先の施設のメディカルスタッフと共通の糖尿病に関する認識をもって患者さんの支援にあたることが重要になります。平成24年度から各郡市医師会のご協力により、総合管理医療機関(かかりつけ医)の研修会において、メディカルスタッフを対象とした研修会を開催させていただきました。その折に、CDEJとともに、県内の糖尿病看護認定看護師の方々にもファシリテーターとしてご協力いただいたことがきっかけとなり、平成26年度からスタートした「おかやま糖尿病サポーター」認定事業をサポートする目的も兼ねて「糖尿病看護認定看護師チーム岡山」を組織化することとなりました。

認定看護師とは、日本看護協会が認定する「特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護が実践できる看護師」のことを指し、現在21分野存在します。その中でも岡山県の糖尿病看護認定看護師は、平成23年から岡山県立大学に研修施設が開校されたこともあり、全国でも5番目に多い30名が活躍しており、その内の22名に方には糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)としてご賛同いただいています(平成27年4月1日時点)。しかし、「CDEJチーム岡山」と同様に県南に集中しているのが現状です。

現在、糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)の方々には、岡山県糖尿病医療連携推進事業が主催するおかやま糖尿病サポーター認定研修会および更新研修会の際に、講師やファシリテーターとしてご活動いただいています。また、地域ごとの認定看護師を中心とした連携体制の構築と、地域のメディカルスタッフとのコミュニケーションの円滑化を図っていただいております。

今後、糖尿病患者さんをサポートするため、各地域での相談役も担いながら、地域の糖尿病診療の充実、医療の質の向上を目指して、地域の枠を超えた幅広い連携が取れるよう、力を合わせていきたいと思っています。

 

CDEJチーム岡山

2吉沢さんHP用写真 CDEJチーム岡山 代表 (心臓病センター榊原病院 保健師主任)
           吉沢 祐子

平成13年からCDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan:日本糖尿病療養指導士)という資格がスタートし、岡山県内では445人のCDEJが活躍しています(平成26年6月時点)。

CDEJは、糖尿病を持つ人やその周りの人々に対して、高度で幅広い専門知識を活かしながら糖尿病に関する知識や方法を指導したり、問題を解決するためのお手伝いを行っています。受験資格は、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の5職種いずれかの国家資格を有している人が、日本糖尿病学会専門医が在籍する医療機関で一定経験を積めば受験できます。

平成19年に、岡山県の糖尿病療養支援の質の向上および円滑な医療連携体制の構築を目的として「CDEJチーム岡山」が発足しました。

岡山県は交通の便が良く、中四国地区のセミナー会場の拠点になることが多いので、CDEJチーム岡山が運営協力を行うなど施設の枠を超えた仲間づくりにも役立っています。

CDEJの多くは病院に所属し、県南東部に偏在しているなど地域格差があるのが現状です。こうした背景を踏まえて、平成25年4月からCDEJチーム岡山や、糖尿病看護認定看護師チーム岡山(CN)が協力し合い、総合管理医療機関(かかりつけ医)に所属する看護師の方々を対象にした糖尿病患者を支えるための学習会を始めています。

患者さんのサポートはもちろん 患者さんと医療者との橋渡しができるような存在でありたいと思っています。

 

入力フォームにご記入の上、事務局へ郵送またはFAXでお送りください

ページトップ