ホーム > 糖尿病センターについて > あいさつ

糖尿病センターについて

あいさつ

センター長 槇野博史

 糖尿病の診療では、糖尿病の治療だけではなく、三大合併症である網膜症・神経障害・腎症はもとより、足病変(足潰瘍)、動脈硬化性疾患(心血管疾患、脳血管疾患、末梢血管疾患)、歯周病、高血圧、脂質異常症、肥満などの合併症に対する治療も同時に行なう必要があります。そのためには、これらの疾患の診療を行う多くの診療科の医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、歯科衛生士などのスタッフが密接に連携を取りながら、チーム医療を行う必要があります。岡山大学病院では、糖尿病に対するチーム医療を推進するために、2012年4月に糖尿病センターを開設しました。一方、岡山大学病院では、岡山県における糖尿病医療連携を推進するために、岡山県より第二次地域医療再生計画「岡山県糖尿病等生活習慣病医療連携推進事業」を受託し、事務局を糖尿病センター内に設置しています。
 当センターでは、糖尿病患者さんにより良い医療を提供できるように、岡山大学病院の多くの専門医や専門スタッフが、力を合わせて診療を行って参ります。

副センター長 四方賢一

 糖尿病には多くの合併症を伴うため、糖尿病診療には複数の診療科の密接な連携が必要になります。また、専門医だけでなく、糖尿病に関する最新の知識と高い技量を備えたメディカルスタッフによるチーム医療が重要です。糖尿病センターでは、多くの診療科の医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士が、密接に協力してチーム医療を行っています。さらに、岡山県内外の多くの医療機関の先生方と連携を取りながら、糖尿病医療連携を推進しています。
 当センターでは人材育成に力を入れており、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士、糖尿病認定看護師の研修を行って、糖尿病医療に関わる多くの新しい人材を育てています。 また、岡山大学病院では、わが国の第2次医療再生計画の中で、岡山県における糖尿病医療連携を推進するための「岡山県糖尿病等生活習慣病医療連携推進事業」を岡山県より受託して、当センターに事務局を開設しました。この事業では、糖尿病医療連携に参加する医療機関のメディカルスタッフの皆様のための研修や、県民の皆様への啓発活動を行っています。
 糖尿病センターでは、糖尿病医療に関わる優れた医療スタッフを育成するとともに、患者の皆様により良い糖尿病医療と療養支援を提供できるように、スタッフ一同努力してまいります。