ホーム > 糖尿病センターについて > 歯周科

歯周科の紹介

「なぜ、糖尿病の患者さんは歯周病の治療をしたほうが良いのでしょう?」

 歯周病は、う蝕(むし歯)と並んで口の中の二大疾患の一つであり、その罹患率の高さ(国民全体の約70%以上)を考えると国民病の一つと言えます。歯周病は、口の中に存在する細菌が歯周組織(歯と歯肉の境目の溝)に棲み着き、増殖すること(感染)によって発病します。その状態を放置すると歯を支える歯槽骨(顎の骨で歯を支える部分)が吸収して、最終的には歯を失ってしまう病気です。
 近年では、全身の病気に対する歯周病の影響がわかり始め、なかでも「糖尿病」とのかかわりが注目されています。「糖尿病のひとは重度の歯周病になりやすい」とか「歯周病を治療すると血糖値が下がる」といった糖尿病と歯周病の関係について、最近耳にする機会が増えてきていることと思います。また、歯周病が重度に進行してしまうと、しっかりと噛んで食事ができなくなります。その結果、日常の食生活に悪影響を及ぼし、糖尿病の状態をさらに悪化させてしまうリスクがあります。そのため、歯周病の治療は早期に自覚症状(痛み)の無い段階から対処することがとても大切です。
 お口の状態(歯周病の状態)が気になる場合には、まず糖尿病内科担当医にご相談ください。歯周科では、はじめに歯周病の検査(歯周組織検査やエックス線画像検査等)を行います。そして歯周病の状態に応じて、必要があれば当科での継続的な歯周病治療を実施したり、お近くの歯周病専門医をご紹介したり、最善の方法をお探しいたします。

* * * * * *

外来担当医紹介

役 職氏 名
教授高柴 正悟
准教授前田 博史
講師山本 直史
講師大森 一弘
助授畑中 加珠
助授工藤 値英子
助教下江 正幸
助教伊東 孝
助教本郷 昌一

外来診療医日割表

 
午前 初診   高柴 正悟
山本 直史
前田 博史
下江 正幸
下江 正幸
予約診療 前田 博史
山本 直史
畑中 加珠
工藤 値英子
下江 正幸
本郷 昌一
大森 一弘
下江 正幸
伊東 孝
本郷 昌一
前田 博史
大森 一弘
畑中 加珠
伊東 孝
山本 直史
大森 一弘
工藤 値英子
下江 正幸
本郷 昌一
高柴 正悟
山本 直史
畑中 加珠
午後 予約診療 前田 博史
山本 直史
畑中 加珠
下江 正幸
大森 一弘
畑中 加珠
工藤 値英子
下江 正幸
高柴 正悟
前田 博史
大森 一弘
畑中 加珠
伊東 孝
前田 博史
山本 直史
畑中 加珠
工藤 値英子
山本 直史
畑中 加珠
本郷 昌一