ホーム > 糖尿病センターについて > 循環器内科

循環器内科の紹介

 循環器内科では、糖尿病の患者様の合併症である、虚血性心疾患や下肢閉塞性動脈硬化症の検査、予防、治療を積極的に行っています。

虚血性心疾患

虚血性心疾患とは?

 心臓を栄養している動脈(冠状動脈)が動脈硬化によって細くなったり詰まったりして、心臓に障害が生じてしまう病気の総称です。主に、「狭心症」と「心筋梗塞」がこれに該当します。特に、急性心筋梗塞は命に関わる疾患で、突然死の主な原因の一つとされています。日本人の死因の第2位は心疾患であり、その内の大多数が虚血性心疾患によるものです(2009年人口動態統計年報より)。
 現在では治療技術・体制の改善により、死亡する患者様は減少しています。しかしながら、治療後も心筋梗塞による多くの合併症が生じることが少なくなく、一生、治療薬が必要となります。

糖尿病と虚血性心疾患

 糖尿病患者の多くの人が虚血性心疾患に罹患することが広く知られています。
虚血性心疾患の約60%に糖尿病や耐糖能異常を合併しているとの報告があります。また、糖尿病患者さんは2~10倍も急性心筋梗塞になりやすく、その経過も思わしくありません。従って、糖尿病があるというだけで、一生涯、注意が必要です。

* *

虚血性心疾患の症状

 一般的には、胸部圧迫感や労作時の息切れ、心窩部痛等があります。しかしながら、歯の痛みや肩の痛み等の症状で発症する場合も少なくありません。
 また、糖尿病患者さんは虚血性心疾患の症状が出にくい事が多いので、症状が無くても、虚血性心疾患を合併していることが少なくありません。

虚血性心疾患の検査

 右の写真は、当院で検査をして狭心症が判明した患者さんの画像です。自覚症状はありませんでした。
 当院では、各種検査を複合的に行い、動脈硬化から運動能力の検査、CT等を組み合わせて、総合的に判断し、診断を行っております。このため、重度の虚血性心疾患が無くても、現在の動脈硬化の進行を判断し、必要に応じて今後の治療に反映していくことが可能となり、虚血性心疾患の予防を行っていくことが可能となります。
* 冠動脈CT検査(造影剤を使用)
* 動脈硬化の検査

下肢閉塞性動脈硬化症

下肢閉塞性動脈硬化症とは?

 動脈硬化によって、足に血液を送る血管が細くなったり詰まったりする疾患です。 初期には症状はあまりありませんが、進行すると、歩行時に下肢の痛みやだるさが出現します。さらに進行すると、じっとしていても強い痛みを感じたり、皮膚が黒く壊死したりします。そして、最終的には足が腐って、切断しなければならなくなる事があります。

下肢閉塞性動脈硬化症の検査

 下肢の血流を測定する検査等で検査を行います。データが悪い場合や症状がある場合には、追加で画像検査を行います。

* 図A: CT検査による狭窄所見
図B: カテーテル検査による狭窄所見
*
* ABIによる狭窄所見

異常がみつかったら

 循環器内科の外来や入院で、さらに詳細な検査を行います。必要に応じてお薬やカテーテル等で治療を行います。

* カテーテル検査による狭窄所見
* 治療後のカテーテル検査所見
* *

外 来

糖尿病患者様の心血管疾患スクリーニング外来

  • 上記の様な検査を行って、心臓や血管の動脈硬化の状態、疾患があるかどうかを調べます。
  • 一般の患者様からの直接のご予約は、受け付けておりません。
  • 糖尿病内科からの紹介がある場合のみ行っております。検査を希望される糖尿病の患者様は糖尿病センター・糖尿病内科にてご相談ください。
  • 糖尿病以外の患者様は原則として受け付けておりません。
▼外来診療医日割表
●予約制
曜日
時間午前午後午前午後午前午後 午前午後午前午後
担当医 久保 元基   三好 亨   三好 章仁   杉山 洋樹   吉田 賢司
診察場所 東7病棟
心リハ室
外来棟
内科Aフロア
外来棟
内科Aフロア
東7病棟
心リハ室
外来棟
内科Aフロア
▼外来担当医紹介
役 職氏 名
助教三好 亨
助教杉山 洋樹
助教吉田 賢司
医員久保 元基
医員三好 章仁
*

一般外来

  • 心血管疾患や不整脈等、心臓に関わる疾患について、広く一般的に診療を行っております。
  • 原則として、かかりつけ医様からのご紹介頂いた患者様を対象に診療受付を行っております。
  • 一般の循環器内科外来では、上記のようなスクリーニング検査は行っておりませんので、ご了承ください。
  • 急性心筋梗塞等の緊急を要する状態の場合には、救急部とともに24時間体勢で救急診療を行っております。
  • 詳しくは、循環器内科ホームページや大学病院のホームページでご確認ください。